ミノキシジルタブレットはなぜ効果があるの?外用薬との違いって?

効果がある理由と外用薬との違い ミノキシジルタブレット

AGA治療に効果のあるミノキシジルタブレット。
そんなミノキシジルタブレットは実際にはどういった仕組みでAGAに効果をしめしているのでしょうか。

ミノキシジルの作用を知れば、作用を妨げないように飲み方や生活意識が変わります。
効果の仕組みを知り、ミノキシジルタブレットの効果をあますことなくGETしましょう。

ミノキシジルタブレットで血行促進!

血行促進の効果がある

AGAの根本的原因は男性ホルモンから毛髪へと送られる活動休止の信号によるものですが、それ以外に頭皮の環境も関わってきます

頭皮の血流が悪く、栄養や酸素が十分に毛母細胞へと送られなければ、毛髪は成長しません
すると活動休止の信号だけしか受け取れなくなり、毛が抜けていき、毛髪は活動休止の指示を受けているので新しく毛が生えはじめるまでに時間がかかってしまいます。
そうなることで抜け毛や薄毛が進行していくのです。

それを阻止するのがミノキシジルタブレット
ミノキシジルタブレットの有効成分であるミノキシジルには、血管を拡張して血流を良くする働きがあります。
もともとは高血圧症の治療薬「血管拡張薬」として開発されているため、その効果は折り紙つき。

そんなミノキシジルをミノキシジルタブレットでは経口摂取で体内から効果を得ます。
すると全身で効果が得られるため、体のすみずみまで血管が拡張され血液が運ばれます。
頭皮も例外ではなく、頭皮の縮まっていた血管が拡張されて栄養や酸素が含まれている血液が毛母細胞まで流れていくのです。

すると成長に必要な栄養や酸素が毛髪に行きとどき、毛髪が十分に成長できるため、太くてコシのある毛髪ができあがるのです。

飲むミノキシジルと塗るミノキシジルの違いとは?

塗るミノキシジルとの違い

ミノキシジルタブレットは飲んでミノキシジルを摂取する医薬品ですが、塗ってミノキシジルを摂取する医薬品もあります。
飲むミノキシジルと塗るミノキシジルにはどういった違いがあるのでしょうか。

飲むミノキシジル 塗るミノキシジル
●すみずみまで効果が得られる
●皮膚トラブルがない
●使用方法が簡単
●確実に成分が吸収される
●1日あたりの価格が安い
メリット ●副作用が出にくい
●ピンポイントで効く
●ドラッグストアでも購入可能
●副作用が出やすい
●個人輸入からしか購入不可
デメリット ●全体的には効果を得られない
●すべて吸収されるわけではない
●塗るのに時間がかかる
●1日あたりの価格が高い

▲効果▲
飲むミノキシジルは、体内から成分を摂取するため、服用したほとんどのミノキシジルを吸収できます。ということは、効果が得られやすいということ。全身くまなく効果が得られます

塗るミノキシジルは外から成分を吸収するため、その量には限りがあります。狙いをつけて塗れるため、ピンポイントでの治療が可能です。

各ミノキシジルの効き方

▲副作用▲
飲むミノキシジルは成分を多く吸収し、十分な効果が得られるため、副作用も出やすくなっています。その強さは人それぞれで、あまり気にならない人もいれば気になってしまう人もおり、もちろん副作用が出ない人もいます

塗るミノキシジルは成分をピンポイントで必要な分だけ吸収するため、副作用はあまり出ません。しかし場合によってはかゆみや発疹といった皮膚トラブルがおこることも

飲むミノキシジル 吐き気、めまい、頭痛、むくみ、動悸など
塗るミノキシジル かゆみ、かぶれ、発疹、頭痛、動悸など

▲手軽さ▲
飲むミノキシジルは国内未承認薬であるため、海外から個人輸入をしてしか購入できません。しかし1日あたりの治療代は72円と格安で行えます。

塗るミノキシジルは副作用が出にくく誰でも使用できるため、ドラッグストアなどどこでも購入できる一般用医薬品に分類されています。1日あたりの治療代は136円ですが、飲むミノキシジルと比較すると高くなります。

飲むミノキシジル【ミノキシジルタブレット】

セット内容 価格 1日あたり
(1錠×2回)
5mg×100錠 3,590円 72円
5mg×200錠 6,470円 64円
5mg×300錠 8,630円 58円

塗るミノキシジル【フォリックスFR05】

セット内容 価格 1日あたり
(1ml×2回)
60ml×1本 4,065円 136円
60ml×2本 7,140円 119円