手堅く行うミノキシジルタブレット通販~安全に行うために守るコト~

購入は着実に行おう 通販

代行通販サイトを利用してミノキシジルを個人輸入すると、簡単にそして安く購入できます。
しかしそれはきちんとルールを守り、自分を守った上で行えること。

確実にミノキシジルタブレットを手に入れるためには、定められたルールを守り、自ら危険を回避する必要があります。
それはいったいどういうことなのか見ていきましょう。

ミノキシジルタブレット購入時に守るべき個人輸入のルール

ルール

ミノキシジルタブレットを個人輸入から購入する時、守らなければならないルールが厚生労働省によって定められています。
そのルールを破ってしまうと、購入したものを没収されたり罪に問われたり、最悪の場合命にかかわることになります。

そうならないためにも、事前にルールを確認してそれに沿って個人輸入を行うようにしましょう。

すべて自己責任

個人輸入で医薬品を購入することは国によって認められていますが、それは自己判断のもとで行われるものであり、個人輸入でおこったすべてのことは自己責任となってしまいます。
たとえ副作用で障害が残ってしまっても命を落としてしまっても、国や代行通販サイト、メーカーに責任を問うことも、制度を利用することもできません。

そうならないためにも、購入前にサイトやミノキシジルタブレットについてきちんと調べるようにしましょう。

使用は購入者オンリー

個人輸入とは、「自己が自分の使用のために海外から商品を購入すること」とされています。
そのため購入した商品は購入者だけで使用しなければなりません。

・購入した商品を第3者に販売する
・購入した商品を第3者に譲渡する
・購入を第3者とともに行う

これらの行為は個人輸入の定義に反しているため、行ってはいけません。
また医薬品の扱いは医師や薬剤師しか行ってはいけないという法律に違反してしまうため、罪に問われる可能性もあります。

個人輸入は自分1人で行い、購入した商品は自分だけで使用しましょう。

購入OKの数量

1回の個人輸入で購入できる数量には制限があります。

●外用薬:標準サイズで1品目24個以内
●毒薬、劇薬または処方せん薬:用法用量からみて1ヵ月分以内
●上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2ヵ月分以内

ミノキシジルタブレットは国内未承認薬であるため、処方せん薬なのかそれ以外なのか定かではありません。
よって確実に購入するためには、用法用量からみて1ヵ月分以内の購入が望ましいです。

自分を守るためにできること

自分で自分を守る

必ず守るべきルールのほかに、ミノキシジルタブレットをきちんと安全に購入するために自分でできることがあります。
継続してミノキシジルを服用する場合は、次のことを行いましょう。

ブックマークを忘れずに

たとえ本物のミノキシジルタブレットを購入しても、再度本物が届くという保証はありません。
なぜかというと、再度購入しようとインターネットでサイトを調べても以前利用したサイトが出てくるとは限らないからです。

場合によっては、サイト名やサイト内のビジュアルが同じで、URLが1文字だけ違う偽サイトである場合があり、そういったサイトが本物を扱っている可能性は極めて低いからです。
本物が購入できたサイトを再度利用したい場合は、きちんとブックマークをしておき、そこから利用するようにしましょう。

ID・PWは複雑に

代行通販サイトを利用する時、アカウントを作成するよう求められるかと思います。
そういった場合は、ID・PW(パスワード)は複雑なものにしておきましょう。

単純なものに設定しまうと、乗っ取られて勝手に商品を購入されたり、カード情報を登録している場合は、それらの情報を引きぬかれたりする可能性があります。
金銭的被害にあってしまう可能性があるため、ID・PWは複雑なものにしてメモに残しておきましょう