ミノキシジルタブレットの服用方法!コツはあるものをプラスすること!

服用方法とプラスで効果アップ ミノキシジルタブレット

医薬品と聞くと、いろいろと注意しながら服用しなければならないイメージがあるかと思います。
しかしミノキシジルタブレットの服用はとても簡単で、とくにこれといった決まりはなく服用可能。
ミノキシジルタブレットにプラスして服用するとより効果が得られる医薬品も、服用が簡単です。

ミノキシジルタブレットの服用方法や、どういった医薬品をプラスしたらいいのかを見ていきましょう。

ミノキシジルタブレットの服用方法

ミノキシジルタブレットの服用方法はとても簡単です。

・1日1錠(2.5mgは2錠)
・服用上限量は10mg

必ず守らなければならない服用方法はたったのこれだけです。
食事の影響を受けないため、タイミングを気にせず自分の都合にあわせていつでも服用可能。
効果の持続時間が24時間であるため、毎日同じ時間に服用すると継続して同じ効果を得られます
2.5mgだけは持続時間が12時間であるため、12時間ごとに1錠服用しましょう。

フィナステリドをプラスしよう

より効率的に薄毛や抜け毛の治療を行いたい場合は、ミノキシジルタブレットにフィナステリドをプラスしましょう。
フィナステリドはAGAの根本に効く治療薬です。
毛髪の成長を強制的にとめ、頭皮から抜けるように指示を出すジヒドロテストステロン(DHT)の生成を阻害して、毛髪が成長できる期間を確保します。

ミノキシジル同様に1日1回服用します。食事の影響を受けないため、都合のいいタイミングで服用可能。
唯一注意すべき点は、服用できるのは成人男性だけであり、女性や小児は服用NGとなっています。

AGAに多い前頭部と頭頂部の根本的原因に効果があり、価格が安くジェネリックは50円前後と低価格で購入できるのが特徴です。

フィンペシア

【フィンペシア】

価格 1錠あたり
1mg×30錠 1,340円 45円

※参考:お悩み宅急便
※小数点第1位を四捨五入

デュタステリドをプラスしよう

ミノキシジルタブレットにデュタステリドをプラスするのもオススメです。
作用としてはフィナステリドと同じで、DHTの生成を阻害します。
フィナステリドが前頭部と頭頂部の薄毛や抜け毛だけに効果があるのに対し、デュタステリドは前頭部と頭頂部はもちろんのこと、側頭部と後頭部も含めた頭部全体の薄毛や抜け毛に効果があります。

服用方法もフィナステリドと同様に1日1回都合のいいタイミングで服用します。

フィナステリドに比べると少し高価格ですが、部分に関係なくすべてのAGAに効果的なのが特徴です。

デュタボルブ

【デュタボルブ】

価格 1錠あたり
0.5mg×30錠 3,140円 105円

※参考:お悩み宅急便
※小数点第1位を四捨五入

ミノキシジルタブレットの併用NG

ミノキシジルタブレットは血管を広げ、血液のめぐりをよくする作用があるため、次のような医薬品とは併用禁忌となっています。

・イミグラン(片頭痛薬)
・スマトリプタン(片頭痛薬)
・ED治療薬
・降圧剤
など

ミノキシジルタブレットと同じように血管を広げる作用のあるED治療薬や血圧を下げる降圧剤、逆に血管を縮める作用のある片頭痛薬などとの併用は禁止となっています。
併用してしまうと最悪の場合、命にかかわる場合があります。

これらの他にも併用してはいけない医薬品があるため、なんらかの薬を服用している人はミノキシジルタブレットを服用する前に、併用の可否を医師に確認しておきましょう。

【口コミ】ミノキシジルタブレット+αのW使い

ミノキシジルタブレットにプラスして、フィナステリドやデュタステリドを有効成分に持っている医薬品の2つを服用している人の、実際の声を見てみましょう。